読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMART BOX(Unity/Android)

Unity開発と日々の事を書いていきます

iphone から android へデータ移行(電話帳)

f:id:poteti70:20160430235742j:plain

引越

iPhone5sからAndroid端末(arrows m2)へのデータ引越を行っています。

色々なサイトを参考にさせて頂き、実際に私が行った手順をメモします。

JS Backup

何種類か手順がありましたが、アプリを使用した手順が一番手っ取り早かったです。使用したアプリが「JS Backup」です。

JSバックアップ

JSバックアップ

  • JOHOSPACE
  • ユーティリティ
  • 無料

手順

iphoneの作業

JS Backupを起動すると「かんたんデータ移行」のボタンがあるので、タップします。

f:id:poteti70:20160430223952p:plain

次に「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします。 

f:id:poteti70:20160430224207p:plain

次に「無料プラン(標準データのみ)」をタップします。

f:id:poteti70:20160430224349p:plain

次にAndroid端末側で取り込む際に入力するパスワードを英数字8桁で入力して、「データ取り出しスタート」をタップします。

f:id:poteti70:20160430224957p:plain

次にQRコードが表示されます。このQRコードAndroid端末で取り込むので、画像として保存しておきます。(電源ボタンを押しながら◯ボタン)

f:id:poteti70:20160430230102p:plain

Androidの作業

Android端末にも「JS Backup」をインストールして起動します。

アプリ起動後、かんたんデータ移行をタップします。

f:id:poteti70:20160430232139p:plain

次に「移行先スマホへデータを取り込む」をタップします。

f:id:poteti70:20160430232332p:plain

次に「QRコード読み取り」をタップします。

f:id:poteti70:20160430232527p:plain

iphoneで撮っていたQRコードを読み取ります。

その後、iPhoneで設定したパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップします。

f:id:poteti70:20160430233103p:plain

次に「データ取り込みスタート」をタップします。

f:id:poteti70:20160430234526p:plain

取り込みが正常終了すると、取り込み完了のメッセージの画面が表示されます。

f:id:poteti70:20160430234749p:plain

最後に

これまでの手順を行う事で電話帳の移行が完了します。

15分程度で終わるので、非常に助かりますね。